1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

thyele さん
代表作:序文(真意)
つき さん
代表作:アルトロペの姫…
5月 さん
代表作:エージェント・…
バロ バロス さん
代表作:鈍色に輝いたサ…
ヤマモトQ さん
代表作:希望の産声

話題の作品

断線

作者: thyele さん

通じない。伝わらない。 誰かに訴えかけても、心の内を広げてみても。 言葉を紡げば紡ぐほど、誤解は生じてあさっての方向へと向かう。 無論、理解などされるはずもない。 相手…

6番地帯

作者: thyele さん

ここには今、何も無い。 この世界で知らない人間はいないだろう。と言うよりも何人残っているかすらもわからない。 荒れ果てた荒野に広がる、本当に何も無い、起伏すら感じられないど…

腐り落ちる、羽根

作者: thyele さん

自分の限界に気付いた時に 世界は暗転するどころか指標を示してくれる。 自分の出来ることと出来ないことを理解するべきだ。 もう僕にはそんなに時間は残されていない。 だから…

記憶探偵・森林ききょう

作者: つき さん

リビングに集められた5人の人物。 彼らの顔をぐるりと舐め回し、警部は告げた。 「お呼びたてしたのは他でもない。 この密室殺人の謎は解けました」 ここで、仰々しく咳払い。 …

翡翠の河、雪紫の帯

作者: ふらここ さん

フィダーイが得意とすることは、ふたつあった。 笛を能くすることがひとつ、玉放りが巧みなことが、もうひとつ。 稜線が空を切り裂く山峡で、甘く美しい息が空気を震わせれば、ああ、あれ…

>>もっと見る

新着作品

戦争ってなくなると思いますか

作者: aze さん

ある日の事、玄関のチャイムがなった。 宗教の勧誘?…直感的に感じた。ただ宅急便の可能性も否定できない。 ジャージに着替えて玄関をあけたが、直感は的中した。 「こんにちは」上…

北の国から

作者: aze さん

 幾度となく行われた軍事パレードは、何時ものように開始された。恐ろしいまでに統制された一糸乱れぬ隊列みて、ぞっとしたのは私だけではないと思う。  開かれた国を標榜したいのか、海…

私とパパとスイカ

作者: 小出 元春 さん

父曰く、私が三つになった年の夏だった。その日は真っ青な空が広がり、当時の最高気温を更新した旨と、甲子園のスタンドから溢れる歓声がラジオから流れていた。 家の留守番をして…

ぼんくら

作者: へろへろ さん

 ああ、美弥さんを溺死させたのはやはりあなたでしたか。よく自供して下さいました。実はもう少しであなたのアリバイを崩せそうだったんですが、この自供のおかげで手間が省けました。 …

sister complex

作者: KA さん

間食の買い出しから戻ると、同居人が作業中だった。 正確には、三人目のルームメイトだった彼女の妹の私物を整理していたのだが。 まあ関係者一同が揃う場で、実力行使の末にきっぱり縁切…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.