1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

thyele さん
代表作:序文(真意)
Nobody さん
代表作:ピンクと白
朝月夕日 さん
代表作:∞の四則演算‏
深刃光 さん
代表作:貯金箱物語
春小麦 さん
代表作:長脇差しの男

話題の作品

クリスマスロマンス

作者: Nobody さん

「どいつもこいつも浮かれやがって。」 そんな事をぼやきながら私の友達が空き缶を蹴り飛ばした。 「何が面白いんだか俺には理解出来ないわ。」 そう言って唾を吐き捨てる。 私…

居候からホームレスへ

作者: thyele さん

「さよならは、言わないよ。」 先輩に別れを告げて、車に乗り込む。振り返れば、寂しそうに見つめる先輩の姿。 本人もそうだし、家族も。金遣いが下手くそで、いつも金を貸して欲しい…

スロウダウン

作者: Nobody さん

私は独りになってしまった。 もちろん子孫はいるけれども、愛するあなたがいない事が、私が独りであると言う証明に、これ以上充分過ぎる理由など存在しなかった。 毎日、事あるごとに…

遠く離れても

作者: Nobody さん

初めて会った時から、君との距離はとても遠くて、電波を介して連絡するしか出来なかった。 君から誘ってくれて私はとても嬉しかった。一度会ってしまえば、心の距離はすぐに近づいた気が…

オバサン

作者: Nobody さん

ねえどうして?私はオバサンなのに。 君みたいな若い子が、夫も子もある私なんかを、なんでそんなに熱いまなざしを向けてくれるのかしら…。私は、あなたのその熱いまなざしが、何も言わ…

>>もっと見る

新着作品

シースーサイド

作者: Nobody さん

大いなる海と言えば聞こえは良いが、人類を蹂躙する程のその大きさに私はいつも恐れをなしていた。 なんて言い方をすれば少しは格好がつくだろうか。簡単に言ってしまえばただのカナヅチ…

君はどう読む?

作者: thyele さん

歩いても歩いても。そのどんよりとした雲は収まらず。とにかく前だけを向いて明るい場所を目指して…いや、いつか明るくなることを望んで歩を進めている毎日。 大したことないって誰が決…

いたちごっこ

作者: 紫緑龍化 さん

その研究が発表された時、多くの人はそこに意義を見出せなかった。 コンピュータ上で生命を再現するために、生物を遺伝子レベル、いや分子レベルからの再現をする。 それはもはやシミュレ…

作者: えーと さん

仕事帰りのいつもの道 夜は人通りが少ないが朝は犬の散歩などで人が歩く道を毎晩歩いて帰る 至って普通 でも、今日は少し『何か』が違った 正体は分からない でも少し、違和感を感じた…

バス

作者: えーと さん

僕はバスの停留所で、雨のざあ、ざあ、という音を聞きながらバスを待つ。 ただ1人、傘を片手に持ちながら待つのだ、暇つぶしの道具なんて持っていない。 傘とポケットに切符を持って、バ…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.