1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

Nobody さん
代表作:ピンクと白
thyele さん
代表作:序文(真意)
紫緑龍化 さん
代表作:クリスマスの夜…
波乱万丈 さん
代表作:小さい幸せとで…
凪司工房 さん
代表作:生きること

話題の作品

ホロスコープ

作者: Nobody さん

占星術だかなんだか知らないが、他人にたかだか12星座だか13星座だか知らないがともかくそんな少ない選択肢で人生や運勢を決められたくない物である。 「何座と何座だから相性が悪い…

プリズン

作者: Nobody さん

私はきっと近いうちに殺されてしまうだろう。 この場所には悲壮感が漂っている。中にはそういう奴もいるかもしれないが、私は何一つ悪い事はしていないし、ここにいるほとんどもそうなの…

アンニュイ

作者: Nobody さん

華やかな街並みを眺めて、ネオンサインを横目に酔っぱらって練り歩くよりも、自然が好きだと君は言った。 不便さから言って自分には田舎は似合わないし、どうにも都会の方が何かと気楽で…

クリスマスロマンス

作者: Nobody さん

「どいつもこいつも浮かれやがって。」 そんな事をぼやきながら私の友達が空き缶を蹴り飛ばした。 「何が面白いんだか俺には理解出来ないわ。」 そう言って唾を吐き捨てる。 私…

スローモーション

作者: Nobody さん

静かに。ただ静かに。あなたは呼吸を繰り返していた。 私はただそれを見守るだけで、かと言って何が出来ると言う訳でも無く、そのある種の美しいとも言える様を眺めている事しか出来なか…

>>もっと見る

新着作品

夕立

作者: へろへろ さん

学校での部活動を終えて、家へ帰る途中の事だった。 先程まで蒸し暑かった陽気が、にわかにどんよりとし始める。 遠くの空から、濃いねずみ色の雲が勢い良く近づいてくる。 あれ程五月…

孤独な鳥の祈り

作者: KA さん

私の世界が色をなくしたのはいつからだったろう。 私の掌が今より小さかった頃世界は色で溢れていた。 しかしやってくる現実に流され成長すると 私の世界を占める色は白と黒と茶色だけに…

臆病な鯰

作者: KA さん

その人は季節外れの転校生だった。 一見おとなしい普通の子にしか見えないのに どこか影のあるそれでいて人を引き付ける雰囲気のある人だった。 だから最初はたくさんのクラスメイトが彼…

死霊なき世界

作者: 紫緑龍化 さん

「もしあれなら車で待機していていいから」 部屋に入るなりそう言うと、そこにあった椅子に腰掛ける社長。 バイト初日で意味も分からず何事かと問おうとする大学生だが、社長は腕組みをし…

冷蔵庫の物語

作者: euReka さん

 そいつは冷蔵庫から出てくると、ハローと言った。私は冷えたビールを飲みたいだけだったので、誰かに挨拶されるなんて考えもしなかった。 「冷気が逃げるから、早くドア閉めたほうがいい…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.