1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

 さん
代表作:ぼくとセミの夏…
風吹旅人 さん
代表作:ハツモウデ
ふらここ さん
代表作:三分間
y_fstw さん
代表作:最低王子
amnesi さん
代表作:白霞

話題の作品

近代日本文学最高傑作

作者:  さん

明日花キララのDVDを観ながら、おちんちんをいじくっておると、ちんちんの先から煙と共に眉毛の長い老人が現れた。 とりあえず気まずいのでパンツとズボンを穿いてチャックを閉めた。…

けむりの生活

作者: 戸塚こだま さん

 頭脳を通して司令が流れ込んでくる。これは絶対的なものだから、渋々外に出る仕度を始めた途端、灰皿を蹴倒した。蛸が墨を吹いたかの有様で、辺り一面灰だらけになる。もはや一寸先も見る…

時間停止の最中で(前編)

作者: thyele さん

朝起きると、時間が止まっていた。 いや、正確には気付いたのは外に出てからのことだ。 俺以外の全ての時間が止まっていた。 歯を磨く時に水が出ないので「あれー?今日水道工事なん…

作者: amnesi さん

僕が10歳のとき、祖父が亡くなった。 不治の病にかかり、徐々に体が動かなくなっていった祖父は 15年近く寝たきりのままで暮らし、 最後は病院のベッドの上で息をひきとった。 …

弑逆者の独白

作者: あらい さん

 硬く冷たい石の寝台の上に、男が横たわっている。痩せさばらえた肢体は痛々しく、決して本数の多くない白髪は疎らに広がる。落ち窪んだ瞼は薄く開き、濁った瞳が空を見つめている。つい先…

>>もっと見る

新着作品

若人は我が物顔で森の中を練り歩く

作者: 霧野楢人 さん

「ばかやろう、いつ死んでもおかしくねえんだ」  一時間前まで雨が降っていた渓畔の泥質土に、ヒグマの明瞭な足跡がついていた。それを見落とした後輩・小出隊員を呼び止めた楠本隊長は、…

楢山節後

作者: 蓮 文句 さん

皆様の中には深沢七郎の『楢山節考』をご存じの方もいるかと思います。これは民話に基づいた短編小説で、山奥の貧しい部落の慣習に従い年老いた母を背負って雪降る山奥へ捨てに行くという物…

選択方法

作者: 紫緑龍化 さん

こう考えてみて下さい。 あなたは金魚を飼っています。育てた金魚はコンテストでも何度か優勝しています。 家にはたくさんの水槽があり、より良い金魚を生み出すために日々努力していま…

戦争ってなくなると思いますか

作者: aze さん

ある日の事、玄関のチャイムがなった。 宗教の勧誘?…直感的に感じた。ただ宅急便の可能性も否定できない。 ジャージに着替えて玄関をあけたが、直感は的中した。 「こんにちは」上…

北の国から

作者: aze さん

 幾度となく行われた軍事パレードは、何時ものように開始された。恐ろしいまでに統制された一糸乱れぬ隊列みて、ぞっとしたのは私だけではないと思う。  開かれた国を標榜したいのか、海…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.