1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

Nobody さん
代表作:ピンクと白
thyele さん
代表作:序文(真意)
5月 さん
代表作:エージェント・…
euReka さん
代表作:境界の言葉
岡川郁子(ゆうこ) さん
代表作:守護神

話題の作品

ゲルニカ

作者: Nobody さん

日常と言う言葉がなんなのか、私は知らない。 毎日毎日。 数え切れないほどの銃声と血、死体の山、山、山。 普通と言う言葉も、私にはわからない。毎日が異常だと思うけれ…

スリープ

作者: Nobody さん

自分自身でも何を考えているのかわからないが、ナルコレプシーと言うものなのだろうか、状況や場面を選ばずに私は寝てしまう。 人間の三大欲求とは良く言ったもので、自分の中から湧き上…

ニックネーム

作者: Nobody さん

最近あの人と凄く仲が良い。聴かなくても、あの人と私はきっと両想いなんじゃないかって勘違いしてしまうぐらい。 それもこれも席替えで前と後ろになっただけのあなたと私。 あなたは…

ネイルスネイル

作者: Nobody さん

「かゆい。」 ボリボリと痒い場所を掻く。それは一種の快感とも言えるが、痛みを伴う事もある、紙一重の挙動。 爪とは、不思議な身体の部位だ。気が付けば伸びていて、ちょうど良く無…

バレンタイン

作者: Nobody さん

手作りチョコレートなんて言えば聞こえは良いのだけれど、カカオマスで一から作る人はいないだろう。溶かして固めてアレンジを加えてラッピングして完成とするだけだ。 友達が私にお願い…

>>もっと見る

新着作品

薔薇沢奏恵の日常

作者: 凪司工房 さん

 その日、風紀委員長である黒田京介は生徒会室へと急いでいた。ただ廊下は走ってはならない。息を切らしながらも駆け足になることなく、階段を登る。  転校生に気をつけろ  生徒会…

当たり前になった世界

作者: ramsay さん

「ねぇ、今日はどうしよっか?もう遅いし晩御飯食べていこうよ。」 「いいけどそんなに金もってねーよ」 大通りを歩いている高校生の男女が話しているのを見ながら道を歩く。 2人は近く…

赤いランドセル

作者: ramsay さん

「貴女よく生きてるわね。」 友人に紹介してもらった霊媒師の明子さん(仮名)は開口一番私にそう告げた。 「あなたの後ろにね、赤いランドセル背負った女の子が見えるの。すごい表情で貴…

スプーン

作者: Nobody さん

IT業界と言えば聞こえが良いが、要は私はデスマーチの続く牢獄のような部署…ブラック企業に勤めていた。 私の唯一の支えだったのは何でもそつなくこなせる後輩。後輩がいなかったら乗…

国会議事堂は禁煙です

作者: ramsay さん

人造人間における嗜好品禁止法の成立後数年して、アンドロイドたちはかつての人間のように酒やタバコを密造しはじめた。当局の締め付けがきつくなると、今度は輸送中の製品を襲うような暴動…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.