1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

鳥谷 かな さん
代表作:私はロボットで…
Nobody さん
代表作:ピンクと白
紫緑龍化 さん
代表作:クリスマスの夜…
voda ღ voc… さん
代表作:Dark Na…
euReka さん
代表作:砂漠と雨の日

話題の作品

私はロボットではありません。

作者: 鳥谷 かな さん

「私はロボットではありません。」 認証画面にチェックを入れる。確かに私はロボットではない。 けれど、ロボットに近い方の人間かもしれない。 毎日決まったルーティンは苦では無い。…

スロウダウン

作者: Nobody さん

私は独りになってしまった。 もちろん子孫はいるけれども、愛するあなたがいない事が、私が独りであると言う証明に、これ以上充分過ぎる理由など存在しなかった。 毎日、事あるごとに…

ピンクと白

作者: Nobody さん

肉がね、丸見えになると血抜きすればピンクと白になる。 それは筋肉や肉がピンクで白は脂肪のコントラスト。美しいものは新鮮で芸術作品のようだ。 分解する時は関節に沿ってこうグル…

何も言えなかった

作者: Nobody さん

私は、遠くから見てる事しか出来なかった。 もちろん話した事もあるけど。好きだって伝えられなかったし、友達から遠回りであなたがなんて言われたら嬉しいか…なんて聴いてもらったりも…

らせん

作者: Nobody さん

どこまでも続くらせん階段を、私は登り続けている。 一体どれだけ歩いたのだろう。私はいつどんな理由でここを登り始めたのかすら忘れてしまった。 そしてどこまで、いつまで登れば頂…

>>もっと見る

新着作品

私はロボットではありません。

作者: 鳥谷 かな さん

「私はロボットではありません。」 認証画面にチェックを入れる。確かに私はロボットではない。 けれど、ロボットに近い方の人間かもしれない。 毎日決まったルーティンは苦では無い。…

Satie

作者: voda ღ voce さん

♔エリック・サティ(Erik Satie) 1866年5月17日 - 1925年7月1日・フランスの作曲家。 「音楽界の変わり者」と称される。 音楽コンセプトは「家具の音楽」。…

13の思い

作者: 寅之路座 さん

僕は・・今・・13段ある階段を一段一段・・ゆっくり・・上がっている・・・ 沈黙するまわり・・・・・階段を踏みしめる度にギシギシと聞こえてくる・・・ 人は死ぬ前に13個の思いを・…

手紙

作者: 寅之路座 さん

明日・・・私は・・・死にます・・・私が書いて出した手紙を私が・・今・・読んでいる・・ 何十年前・・書いた最後の・・・母と嫁に出した手紙だ・・・ そんな母も今は・・亡くなり・・嫁…

草笛

作者: voda ღ voce さん

本当に食べていくのがやっとだった。 私の少女時代は母一人子一人、生活は困窮を極めていた。 戦中戦後ではない。平成に入ったばかりの頃で、私のように窮乏している子は 周りにいなかっ…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.