1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

Nobody さん
代表作:ピンクと白
thyele さん
代表作:序文(真意)
午鹿 さん
代表作:誰か
朝月夕日 さん
代表作:∞の四則演算‏
もんぞう さん
代表作:アスファルトの…

話題の作品

メモリーズ

作者: Nobody さん

新しい事を次々と思い付いて始める事が出来てから、そのまま継続して上手く行く…なんて事が続くと、私は時折自分の色々な経験を振り返るようになった。 それは年齢を重ねて結構な妙齢に…

黒と茶色

作者: Nobody さん

辺り一面、腐食された洞窟のような場所にいる。 まるで溶け出したようなその壁、天井、地面に至るまですべてがそうなっているのだけれど、私が手で触ってみると意外にも堅い。溶岩が冷え…

バレーエイ

作者: Nobody さん

「あなたは細くて美人だから良いじゃない。」 「褒めてくれてありがとう。自分では自覚無いんだけどね。私、結構異性で痛い目見てるし。」 「そうなのかあ。」 「あなただって背が…

クローゼット

作者: Nobody さん

私のクローゼットには、服が数点しかない。寂しい。この空虚な思いを埋める為に、少しずつ買い物をして行く事にした。それほど私は、金持ちなわけでは無いから。 買い物をするのは楽しか…

アルバイト

作者: Nobody さん

バイト先に新しく入って来た君は、スレンダーで背の高い私より大きくて、何となく恥ずかしかったのを覚えている。何でだろう。 私には付き合ってる人がいるのに、君は一生懸命私と接する…

>>もっと見る

新着作品

達観

作者: KA さん

そんなにあの子が好きなら追いかけていけばよかったじゃないですか。 「どの面下げて会いに行けと? 」 今更、何の役にも立たない面子にこだわっている場合ですか?  ここで動かな…

千切り

作者: へろへろ さん

今日も上司に叱られた。 ここ最近、毎日毎日叱られている。きっと明日も叱られる。 こんなんじゃ、気が滅入って仕方がない。 こんな時、会社帰りに近所のスーパーへカゴも持たずに…

いつか私を殺しにくる

作者: euReka さん

 その日は歯がとても痛かった。どれぐらい痛かったかということは説明しても伝わらないと思うので、おのおの今までに自分が一番痛かった歯の痛みや何かの痛みを思い出して欲しい。もし上手…

シャッター通りは薔薇色に

作者: モズフラグ さん

寂れたモールの一角に、「あおば商会」という擦れたフォントを掲げる八百屋。 多くの野菜が並べられていたのであろう軒先は、今や店内の陳列台に申し訳程度の商品が置かれるのみであった。…

母の意図

作者: へろへろ さん

「そんなに部屋から出たくないなら、もう出てくんな!」 そう叫び、ババァは俺の部屋のドアをコンクリのような物で塞ぎ始めた。 俺が引きこもりになってもう数年。 理由は学校でいじ…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.