1000文字小説

新着作品

最近投稿された作品のリストです。
夕立
2017-08-15 03:35
拍手(0) | 感想(0)

作者: へろへろ さん

学校での部活動を終えて、家へ帰る途中の事だった。 先程まで蒸し暑かった陽気が、にわかにどんよりと…

作者の一言未登録

孤独な鳥の祈り
2017-08-14 07:13
拍手(0) | 感想(0)

作者: KA さん

私の世界が色をなくしたのはいつからだったろう。 私の掌が今より小さかった頃世界は色で溢れていた。 …

作者の一言未登録

臆病な鯰
2017-08-14 07:11
拍手(1) | 感想(0)

作者: KA さん

その人は季節外れの転校生だった。 一見おとなしい普通の子にしか見えないのに どこか影のあるそれでい…

作者の一言未登録

死霊なき世界
2017-08-12 21:46
拍手(2) | 感想(0)

作者: 紫緑龍化 さん

「もしあれなら車で待機していていいから」 部屋に入るなりそう言うと、そこにあった椅子に腰掛ける社長…

1200文字です。まかりません。むしろなんとか押し…

冷蔵庫の物語
2017-08-11 00:03
拍手(0) | 感想(0)

作者: euReka さん

 そいつは冷蔵庫から出てくると、ハローと言った。私は冷えたビールを飲みたいだけだったので、誰かに挨…

冷蔵庫から現れた「そいつ」の勝手な物語に付き合わさ…

フォーク
2017-08-09 15:14
拍手(48) | 感想(0)

作者: thyele さん

まさか自分がこんな目に遭う事になるなんて、数年前は思ってもみなかった。 今まで見て来たのは、…

作者の一言未登録

現在地
2017-08-08 23:25
拍手(0) | 感想(0)

作者:  さん

狭い路地を抜けたその先にあなたがいる。 そんな訳も無いのに。 見知らぬ猫が振り返る。 憐みの視線…

作者の一言未登録

小さい幸せとでも言おうか
2017-08-08 17:50
拍手(2) | 感想(0)

作者: 波乱万丈 さん

あの頃、私があなたと楽しく喋っていたら、ふと感じた小さな幸せ、あの感覚を、私は未だに微かながら覚え…

作者の一言未登録

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.