1000文字小説

検索条件設定
文字列 タイトル  本文  両方 
カテゴリ

タグ
拍手数  拍手  感想文数  感想文 
投稿日  ~ 
表示順 投稿日時  拍手数  感想文数  題名50音  ランダム 

作品検索結果

第4話 追いかけて 前編
2012-03-24 01:02
拍手(23) | 感想(0)

作者: 沙羅 さん

  ただ、呆然とドアを見つめていた。  1冊の本が手のひらのなかで汗ばんでいた。  この薄いドアを…

 第1話 ぽっちゃりの決心  第2話 ルーナの衝撃…

五根
2009-01-05 01:22
拍手(39) | 感想(1)

作者: 名無し さん

 ぴんと伸ばした人差し指、その先に触れるのは睫毛。長くて滑らかに曲線を描いていて、とても男のものと…

作者の一言未登録

しみ
2008-11-10 23:41
拍手(38) | 感想(0)

作者: 華月 さん

その空間には、異質な色が二つの染みとなり、落ちていた。 人は、それを「汚れ」として認識してしまう…

詩的な感じです

神童の独白
2017-01-31 00:06
拍手(0) | 感想(0)

作者: へろへろ さん

誰もが寝静まった夜。勉強の手を休めて、窓の外に目を向ける。 瞬く星を眺めながら、彼の事を思い出す。…

作者の一言未登録

残像
2009-07-15 20:44
拍手(10) | 感想(0)

作者: 名無し さん

 暮れゆく日を眺めながら、ふと思い出した。遥かもう朧気な映像が蘇る。とても色褪せた記憶でも、あの頃…

久しぶりに駄文です。 途中まで携帯で書いて、あと…

ジレーネの音階
2010-01-05 20:07
拍手(40) | 感想(4)

作者: モズフラグ さん

二月だというのに、今日の気温は半年近く先の陽気だという。 昨日までの大寒波が嘘の様に、街行く人々は…

作者の一言未登録

無関心
2010-03-09 22:37
拍手(55) | 感想(2)

作者: ロク さん

「お前絶対おかしいわ」と、友達のケイが言った。 塾の帰り、なにか暖かい物が飲みたいとケイが言うから…

作者の一言未登録

サイトの更新
2013-09-24 13:09
拍手(79) | 感想(0)

作者: thyele さん

「キミがやってたSNSのサイト、あれどうなった?」 「訪問者が少なくてね。閉鎖する事にしたよ。」…

大好きなSNSが閉鎖しそうになった事があって書きま…

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.