1000文字小説

タグ検索結果''

タグ:”恋”が与付与されている作品の一覧です。

春眠暁を覚えず
2019-03-11 22:24
拍手(3) | 感想(0)

作者: caster さん

春の足音が聞こえる。こうなってくると布団から出るのが辛くなる。春眠暁を覚えず、という言葉は若かりし…

春の朝、ゆるゆると抱き合って眠ることのあたたかさ

めぐり廻る日々 〜198…
2014-06-05 00:28
拍手(16) | 感想(0)

作者: 押利鰤鰤 ◆r… さん

 振られた相手に学校のクラスでは席が隣という針のムシロの様な日々をあれからしばらく過ごしていた。 …

続きます

ブラックコーヒーの彼
2013-09-09 00:33
拍手(30) | 感想(0)

作者: 深刃光 さん

俺はコーヒーが好きなんだ。 砂糖もミルクも入れないブラックコーヒーを愛しているんだ。と彼は、いつも…

ブラック飲むと「大人だね」って言われるのが好きです…

アンドロイドと涙の少女
2013-06-12 02:40
拍手(131) | 感想(0)

作者: バロ バロス さん

黒い髪をなびかせて、彼女は教室の窓の近くの席に腰を下ろし静かに息を吐いた。 教室の外では茜色の太…

はいどーも、バロ バロスです。 実際どうですか?…

愛おしいという感情
2012-07-13 23:28
拍手(42) | 感想(0)

作者: 水島凛 さん

好き、 この気持ちを自覚したときはもう私の中で、彼の存在はどうしようもないくらい大きなものになって…

一歩間違えれば重すぎる片想いですが、きっとこのくら…

2011-06-13 00:38
拍手(77) | 感想(3)

作者: y_fstw さん

 わたしはヨーロッパの雑貨や小物を扱う、小さな店で働いている。並んでいる商品は店主が実際に現地に行…

 梅雨の季節に合わせて書いてみました。

あなた。
2011-01-03 04:08
拍手(40) | 感想(0)

作者: 青葉 薫風 さん

優しい、温かいその手を探していた。幼いころ、大好きだったその手を―。 もう記憶も曖昧で、あやふやだ…

とくにありません。

蜘蛛女
2010-11-07 11:21
拍手(58) | 感想(0)

作者: 深刃光 さん

初恋は6才。失恋も、6才。 失恋、というか誰かを好きになるのをなんとなく諦めた、という方が正しいか…

普通ってなんでしょう?

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.