1000文字小説

タグ検索結果''

タグ:”猫”が与付与されている作品の一覧です。

遠い外国の屋根の上
2010-06-16 12:40
拍手(61) | 感想(2)

作者: 双葉ふたば さん

お昼過ぎの退屈。五時限目の授業中のこと。 ぼくがあくびをしたそのせいで、遠い外国のとある屋根の上に…

作者の一言未登録

僕の嫌いな猫のタマ
2010-05-23 00:21
拍手(72) | 感想(0)

作者: にょー さん

思えば6年前、僕とタマとの出会いは正月の挨拶に行った親戚の家でのことだった。 叔父の飼っていた雌猫…

小説というか、今の僕の気持ちを全部書いただけのもの…

カニカマ慕情
2010-04-22 01:26
拍手(58) | 感想(0)

作者: 七七 さん

 日曜日の郵便局は閉まっている。駅から離れた場所にある小さな郵便局で、すぐ横に車二台分の駐車スペー…

作者の一言未登録

夜に生きる
2010-03-07 01:29
拍手(74) | 感想(2)

作者: 春小麦 さん

 人は昼に生きて、夜は眠りにつく。夢は眠ってみる物だ。  それならば、夜に生きれば、生きながら夢を…

みんなが夢を見ているような時間なら、不可思議なこと…

おバカにゃんこ! 危機一…
2010-01-12 13:36
拍手(65) | 感想(0)

作者: saika さん

ネコは水を嫌う生き物と言われています。 しかしウチのネコはお風呂好きです。 でも水が好きなワケ…

ウチで飼っているネコの、脱力系バカっ話です。

猫のからくり人形と私
2009-12-27 14:29
拍手(57) | 感想(0)

作者: メメソ さん

 クロ、ご飯だよ。  私がそう呼びかけると、猫の姿をした機關人形は足元に寄って来た。ご飯と言うのは…

作者の一言未登録

苦しい胸の上に…
2009-12-15 12:31
拍手(56) | 感想(0)

作者: saika さん

私はいつものように、寝ていた。 眠ってしばらく経った時だろうか。 ふと、胸に重苦しさを感じたの…

自分の部屋で寝ていた私は、ふと胸に苦しさを感じた。…

真夜中に…
2009-12-15 12:40
拍手(79) | 感想(0)

作者: saika さん

私は部屋で寝ていました。 寝静まった部屋の中、光も無く、音も無く…。 夢も見ないほど、ぐっすり…

私は夜、寝ていました。 寝静まった深夜に、いきな…

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.