1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

話題の作品

荒魑魅(アラスダマ)10

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

それからも、私がしばしば見る夢の中の、この世は、まるで病者のようにだんだんと変形し衰弱してゆくのだった。 これらの姿は、おそらく昔の人達が望んだものではなかっただろう。 自由を…

荒魑魅(アラスダマ)11

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

私の夢は執拗に繰り返された。私達の世代、子や孫達の世代は、さとく、すばしっこい異邦人達に、異邦人達に与する同胞に、なすすべもなく土地と資産、国土と自然の恵みを明け渡していった。…

>>もっと見る

新着作品

夜のおと

作者: 石三 さん

夜中に物音。  かりかり  かしかす  かり  かしかしかしかし まどろみのなか、想像する。 これはきっと勉強机に向かう兄が、消しゴムでノートをこすっている音。  ぱら、ぺらぺ…

荒魑魅(アラスダマ)11

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

私の夢は執拗に繰り返された。私達の世代、子や孫達の世代は、さとく、すばしっこい異邦人達に、異邦人達に与する同胞に、なすすべもなく土地と資産、国土と自然の恵みを明け渡していった。…

荒魑魅(アラスダマ)10

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

それからも、私がしばしば見る夢の中の、この世は、まるで病者のようにだんだんと変形し衰弱してゆくのだった。 これらの姿は、おそらく昔の人達が望んだものではなかっただろう。 自由を…

荒魑魅(アラスダマ)9

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

池の辺に荒れ果てた家がある。夢の中で私は、その家の中へ入ろうとしていた。なぜ入ろうとしたのか自分でも分からなかった。本当なら気味悪く思うはずなのに、なぜか怖くなかった。銀色の髪…

荒魑魅(アラスダマ)8

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

まだ幼い頃、私は祖父母から、昔の英雄や賢人達の話を聞かされた。私はそれらの話に心をうたれたが、教師や同級生、それから大学生の言葉は、家族の言葉を凌ぐ影響力があった。私は学校がそ…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

ランダムピックアップ (5分間隔更新)

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.