1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

へろへろ さん
代表作:幻夢
日々 さん
代表作:糸電話
バロ バロス さん
代表作:鈍色に輝いたサ…
ケロンパ さん
代表作:恋の醍醐味
せってん さん
代表作:墓標

話題の作品

夜喰鳥

作者: へろへろ さん

昔々あるところに、朝がやってこない国がありました。 その国はいつも夜なので、どこもかしこも真っ暗やみです。 そんな状態ですから、みんななかなか仕事や勉強が進みません。 王様は…

糸電話

作者: 日々 さん

 もう一度、声を聞きたい。話がしたい。そう願うのならば、片方だけの糸電話で呼びかけるといいよ。  寂しくて泣いていた真尋に、祖母はそう言った。  紙コップの底に糸をとめ、真尋は…

凶事は重なり、私は君と共にゆく。

作者: バロ バロス さん

殺意が芽生えた瞬間、私は密かに一人深く瞳を閉じた。 どうする事も出来ない敗北感と、痛覚が私の頭をかち割るように支配して、少しばかりの吐き気がちょっとだけ胸に響いた。 誰か…

恋の醍醐味

作者: ケロンパ さん

「彼とデートなんだぁ」  のろけた声で姪の美佳がはしゃいでいる。珍しく訪ねてきたかと思えば、浴衣を貸してくれなどと拝むように手を合わされた。 「去年と同じのは嫌だもん。前に純ち…

出前

作者: せってん さん

出張先のとある田舎町の汚い中華料理店に入った。油汚れでどす黒く変色した看板は店名を私に教えまいとしているかのようだ。 「へい、いらっしゃい」 入店すると店長は、読んでいたス…

>>もっと見る

新着作品

夜喰鳥

作者: へろへろ さん

昔々あるところに、朝がやってこない国がありました。 その国はいつも夜なので、どこもかしこも真っ暗やみです。 そんな状態ですから、みんななかなか仕事や勉強が進みません。 王様は…

字淫

作者: へろへろ さん

突然だが、辞書でエッチな単語を調べたことはあるだろうか。 いや、調べなくてもいい。 例えば、目的の言葉のいくつか隣の言葉。 それを目に入れると、たまたま艶っぽい単語だった。 …

文字を打つ才能があるかどうか

作者: あのひと さん

まず は この町の ちさな少年ではなかった。 殺し合いをしない 才能を 認めた でも君の 刺さっていた報告書概念大切カード 丸い丸い食べ方をされてマイナー な…制の入れ勝た…

牢獄のメロディー 15

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

病棟のベッドに横たわり、老人は低い声で歌っている。病院は山の麓にあり、前には陰鬱な池が広がっていた。老いた彼女の顔にはしわが刻まれ、腕は枯れ木のようだった。彼女には、どのような…

牢獄のメロディー 14

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

「私ね、演歌は好きじゃない。義理とか恩とか、そういう言葉って嫌いよ」 何かの話の時に、そう言ったのは、同じ職場に勤めていた若い女性だった。 私の心は、彼女の言葉を否定も肯定もせ…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.