1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

ゆーじん さん
代表作:魔法の言葉
物置 さん
代表作:もう飛ぶまいぞ…

話題の作品

魔法の言葉

作者: ゆーじん さん

「ねえ、ゲーム、しない?」 隣に引っ越してきた君は、初対面でそう言った。親同士がお茶をしながら雑談している傍ら、リビングのソファで気まずく座っていた僕を気遣ったのだろう。 …

みさき

作者: 名無し さん

 うらぶれた町の小さな写真館で、スタンドの明かりを頼りに記念写真の修正をしていた俺は、伝手でその一週間後、二月の千葉は海岸、吹きすさぶ北風に手をやられて、フイルムをカメラに入れ…

落書き

作者: 物置 さん

 わたしの前世は殺人鬼だった。理由は分からないが泣き叫びながら目が覚めて、脳が覚醒するまではぼんやりとしたまどろみの中に降ってくる女と男の甘い囁きに耳を傾けていた。視界が開けて…

>>もっと見る

新着作品

魔法の言葉

作者: ゆーじん さん

「ねえ、ゲーム、しない?」 隣に引っ越してきた君は、初対面でそう言った。親同士がお茶をしながら雑談している傍ら、リビングのソファで気まずく座っていた僕を気遣ったのだろう。 …

ビッグ・ジョンへの手紙25

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

「もう一人の友人、この人も男子なのだけど、探検のつもりだったのかしら、仲間達と山奥の寂れた社へ、わざわざ出かけて行った時、急に古びた石の鳥居が崩れてきたそうで、運悪く下にいたも…

ビッグ・ジョンへの手紙24

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

ミチさんの話では、おばあさん達は結局、大きな人形(ビッグ・ジョン)との心のお付き合いを止めざるをえませんでした。Sセンター(市民団体)の女性達が様々なところへ訴え出て、止めさせ…

ビッグ・ジョンへの手紙23

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

「ビッグ・ジョンは初めからあんな風になった訳ではないの。公園が閉鎖されて暫くは穏やかな日々が続いていたのよ。目立たないところで親切な人に支えられていたのね。今から思えば・・・い…

ビッグ・ジョンへの手紙22

作者: 岡川郁子(ゆうこ) さん

ミチさんは、私に意外な話をしたのでした。ビッグ・ジョンをあんな風にした者達の中に娘(セツ)も入っているのだ、と。 「高校時代の最後の夏休みに、セツは数人の友人達と泊りがけで遊び…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.