1000文字小説

1000文字小説とは?

1000文字以内、できれば1000文字ちょうどで書かれた超短編小説です。誰にでも気軽に書ける反面、制限された短さで表現しなければならない難しさもあり、上級者にも初心者にも楽しめる新ジャンル小説です。

作品または感想(コメント)を投稿するには登録が必要です。閲覧だけなら登録は必要ありません。

ユーザ登録

現在開催中のイベント

現在開催中のイベントはありません。

注目の作家さん

話題の作品

鉄塔のロボット

作者: タンロン さん

電車の窓から大きな鉄塔が見えた時、私は故郷に帰って来た事を実感した。 就職を機に一人暮らしを始めた街から500㎞。鉄塔の奥に小さな町が見える。それが私が育った町だ。 …

手を叩く

作者: タンロン さん

オーディションに合格してトーキョーに向かう真理を乗せた市バスが、雨の中をゆっくりと走り出した。周りの友達が手を振ってるのに気付き、しばらくしてから手を小さく振った瞬間、バスが見…

シンデレラ

作者: タンロン さん

俺は今、カボチャの馬車と言う名のカローラに乗っている。 後部座席には、いつも通り不機嫌そうな表情をしたシンデレラが気怠そうにタバコの煙を曇らせている。 タバコの香りが俺…

オープニング

作者: うなじがわひえる さん

さあ、何を書こう。僕には何でも書ける。 異世界に転生した少年が大活躍する冒険譚? 宇宙を舞台にした壮大な戦いの記録? 互いの境遇を跳ねのけ共に生きようとする恋人たちの悲恋? 人…

>>もっと見る

新着作品

姉ちゃんのハク

作者: うなじがわひえる さん

姉ちゃんが出戻ってきた。 6年間、束の間の結婚生活と泥沼の離婚調停を経て、俺を含め疲弊した家族のもとへ。まだまだ春には遠い、年明け直後の寒い頃。 「ただいま」 キャリーバッグを…

パパママごめんね

作者: うなじがわひえる さん

マジでヤベえ。昔だったら事故って死んだとかならハンパねえっつってレジェンド入りなんだけど、別に自分の単車乗ってたとかじゃなくフツーに道あるいててブレーキ踏み間違えたボケジジイの…

外村さんのプレイリスト

作者: うなじがわひえる さん

帰り道で、同じクラスの外村さんを見かけた。 夏休み前の放課後、私は部活の片付けで少し帰りが遅くなっていつもと違う下校時間。赤い夕焼け空の下。外村さんは田舎道の交差点で信号が青に…

サバイブしたい

作者: うなじがわひえる さん

三十代の後半から始めたサバイバルゲームが、こういった形で役立つとは思っていなかった。 相棒であるM4カスタムを肩から下げて街の「ボランティア領域」を走る。 かつては人々が暮らし…

オープニング

作者: うなじがわひえる さん

さあ、何を書こう。僕には何でも書ける。 異世界に転生した少年が大活躍する冒険譚? 宇宙を舞台にした壮大な戦いの記録? 互いの境遇を跳ねのけ共に生きようとする恋人たちの悲恋? 人…

>>もっと見る

最新ニュース

2009-01-05
システムメンテナンスのお知らせ [詳細]
2008-11-04
『週刊アスキー』11/18号に掲載されました [詳細]
2008-10-22
テレビブロスに掲載されました [詳細]
2008-10-22
大分合同新聞に掲載されました [詳細]
2008-10-10
『日経MJ』に掲載されました [詳細]
2008-10-07
『週刊アスキー』に掲載されました [詳細]
2008-10-01
本日のアップデート [詳細]
2008-09-30
本日のアップデート [詳細]
2008-09-25
日経産業新聞に掲載されました [詳細]
2008-09-22
βオープンしました [詳細]

>>もっと見る

ランダムピックアップ (5分間隔更新)

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.