1000文字小説

朝月夕日さんの作品一覧

朝月夕日 さんのプロフィールリンク
朝月夕日さんのプロフィール
朝月夕日さんの作品一覧
完璧な作戦
2017-08-25 01:29
拍手(6) | 感想(2)

自己採点(57)

5万円、この金で今月も食い繋げる。彼は5枚の札を裸でポケットにねじ込んだ。この報酬を手にした快感も…

背景が複雑で説明的になったかな、という言い訳

偏執の箱庭
2015-01-05 02:41
拍手(17) | 感想(1)

自己採点(52)

ぎし、ぎし、と足を踏み出す度に重い雪が締まる音を聞く。 滑り止めに敷かれた藁の上に数センチ積もった…

タイトルめっちゃ悩んだ。 ご意見もらいたいです><

堤防
2014-08-13 14:04
拍手(28) | 感想(0)

自己採点(57)

夕日が降ると日本海の淵は仄かに燻り、灰はヒラヒラと黄昏を紡いでいく。 その隙間を斜陽は縫うように進…

作者の一言未登録

1000年振りの殺人事件
2014-08-02 12:16
拍手(22) | 感想(0)

自己採点(47)

そうして彼らは本物の朝日を初めてその眼に捉えるのだった。 それはバーチャルリアリズムよりも美しいよ…

なんかあらすじみたいになってしまいました。問題提起…

黄昏のカーテンコール
2011-09-17 02:41
拍手(25) | 感想(0)

自己採点(55)

夕日が水平線に接すると人里離れたビーチは闇に蝕まれ始めた。 日を消す、というより光のキャンバスに闇…

作者の一言未登録

再審、無期懲役
2011-09-06 22:44
拍手(23) | 感想(0)

自己採点(51)

電車の扉が閉まる。 私はそれをホームから見届ける。 私が飛び込むべき電車だ。 次の電車は23分後。…

駅舎の淡々とした様子の情景描写をもう少し挟みたかっ…

Re: Stockhol…
2011-08-08 13:00
拍手(22) | 感想(0)

自己採点(45)

喧噪に霞みながら揺れ、孤独を謳う白いだけが取り柄の一片の雲。 コーヒーの最後の一滴を飲もうと見上げ…

自己満足な感じ。テーマも作品自体も。

ユグドラシルの木陰
2011-07-15 05:01
拍手(23) | 感想(0)

自己採点(53)

大袈裟な天気予報を上回ってきた猛暑には、俺ですら音をあげるほどだった。 華奢な有希にとっては致命的…

長編で書いても良さげな内容かも。描写とか駆け足にな…

ランダムピックアップ (5分間隔更新)

Copyright©2008 1000moji.com All rights reserved.